夜更かしや睡眠不足は太りやすくなる

夜更かしや睡眠不足が続いてくると、どうしても太りやすい体になってしまいます。
夜起きていると、睡眠時よりも体はエネルギーを要求してきます。

また、睡眠不足を補うために、体がさらにエネルギーを必要とするためにお腹が空いてしまうので、必要以上にエネルギーを取ってしまうので注意が必要です。

○食べないと体は動かない

日中でも空腹だと、思うように体が動かなくなってしまいます。

しかし、日中は活動時間帯なので、食事をしてもそれが上手く活動エネルギーとなって使われていきます。

しかし、夜中に起きていたり、睡眠不足が続いてしまうと、体は十分に休むことができずの動かさなければいけない状態になってしまいます。

そのため、空腹になってしまい、過剰に食べたり飲んだりしてしまう結果になってしまいます。

○十分な睡眠と早寝早起きを心がける

ダイエットを成功させるためには、痩せやすい体作りが大切です。

その為にも痩せる習慣を身につけることが必要になってきます。

早く寝る習慣をつければ、夜食を食べることはなくなります。
また、夕食も多く食べ過ぎると、睡眠に影響を与えてしまうので気をつけるようになります。

十分に睡眠を取ることで、体を十分に回復させることができるので、体は余分なエネルギーを欲しがらなくなります。

○まとめ

過剰なストレスも食べ過ぎの原因になってしまいます。
ストレス解消のために食べるのを控え、別の楽しいことを見つけて行うようにすると良いでしょう。

夜のストレス食いは肥満の近道になってしまうので、十分に気をつけたいものです。